policy


 はじめまして、なかつか亮です。私は、ひとりひとりの青年が夢を抱き、お互いに語りあいながら、この品川でその夢をかなえることのできる、そんなあたたかい品川区をつくりたいと思っています。
 しかし、長引く不況、就職難の中で、悩みを心にしまいこみ、自分を責め、傷ついている青年は品川の中でも少なくないと思います。
 青年が夢をもち、その夢を実現できる品川。そして、青年だけでなく、子どもから高齢者まで、すべての世代の人が、安心して暮らせる、品川区をみなさんとともにつくります。

青年の願い
若い力を区政に、就職難解決 
職場に働くルールを 
仕事をつくって雇用の拡大

安心しして暮らせる区営住宅の建設を福祉・教育削ってため込み546億円を区民の為に使おう。大崎ゲートシティー開発費で区営住宅倍増できます。今こそ、命・暮らしを大切にする区政を実現します。

 気軽に使えるスポーツ施設を 区立体育館の利用料の減額を、区立戸越体育館の利用料は平日夜1万5100円。しかも、バレーボールのネットを借りるのにプラス580円。 予約殺到でなかなか利用できない。もっと気軽にスポーツできるよう改善します。

平和
 イラク攻撃反対、ストップ有事法制。 夕方、学生が中心となって、平和を求める「ピースウォーク」が開催されました。また、超党派の「有事法制に反対する品川区民の会」が毎月一回アピール行動を行っています。非核平和都市品川宣言を発展させます。

くらし
都市計画道路26号線問題
 タコ公園を守ります。周辺住民の生活環境の保障やタコ公園の代用地の約束「タコ公園は何とか残してほしい」と利用者の声。親の目が、とどく公園は地元の人にとっても、安心です。子どもと一緒に遊べる公園を守ります。

度重なる水害をなくすため、西大井広場に雨水調整池を
 二葉町立会川周辺、西大井5丁目の水害。「毎年、台風のたびに不安になる」夏のスコール型の雨でも安心できる水害対策が必要です。西大井広場に雨水調整池の設置等、抜本的対策を進めます。

現在建築中の「区民住宅ファミーユ下神明」は月額最高18万円。とても高すぎます。不景気な時だからこそ安心して入れる区営住宅の建設こそ品川区の仕事ではないでしょうか。

福祉・教育
 30人学級実現で学ぶ喜び実感できる学校教育を

全国各地で少人数学級が実施されています。しかし、品川区は反対。自民・公明・民主・合同も賛成しておりません。地域の方と共同で30人学級実現を目指します。

 冨士見台中学トイレの改善終了。校庭にジェットガン(散水機)の設置を、トイレに続いて、今年の夏までにクーラーの設置決定。風が強いとひどい砂ぼこり。体育が中断することもしばしば。学校改善に取り組みます。